建設業の見積もりの算出方法とその出し方 第一回

建設業の見積もりの算出方法とその出し方

今回は誰もが気になる「お金」の話です。

日常的な買い物であれば、買いたいモノには、値段がついていて、それと同じ金額を支払えば、そのモノを手に入れることができます。では、高額なものになるとどうなるでしょうか。ここでお話しする「建築物」はもちろん、自動車とか海外旅行とかは、普通は「見積もり」をして、その金額の概算を知ることになると思います。

しかし、建設業の場合は、見積もりをするにしても、自動車や海外旅行の場合とは少し違った特殊性があります。それでは、見ていきましょう。

世の中にある『モノ』の価格はどう決まるのか? ~工場生産品と農産物の違い~

たとえばあなたが、「ジュースを買いたい!」と思ったとします。自動販売機、コンビニやスーパーマーケットなど、様々な選択肢があります。すぐにでも飲みたいのなら自動販売機、他に買い物があるならコンビニ、夕食の食材を買うついでならスーパーマーケット、安く大量に買いたいのならディスカウントショップなどなど・・・。そんな風に使い分けされていると思います。

それぞれに多少の価格差はありますが、その相場は大体どこも同じです。おしゃれなバーでも行かない限り、同じメーカーの同一商品であれば、その価格差は僅かです。そして、日本全国どこへ行っても同じ価格帯で購入できるはずです。

飲料や食料、スマホやパソコン、さらに自動車でも同じ車種であればどのメーカーでもその金額は、同じような価格帯で購入できると思います。その理由は、これら製造物は工場で生産管理をしており、在庫調整などを実施しながら原価管理を行っているからです。年間をとおして、原価(価格)に対して、大きな差を生じさせないようにしているのです。

一方で、野菜や魚介類など、保存ができないような品目は、季節や年間を通して、その価格は大きく変動します。あたりまえですが、需要に対して供給が多ければ安くなり、その逆に需要に対して供給が追いつかなければその価格は高騰します。一般にいわれる市場原理そのものです。実は、建設業の単価は、この野菜や魚介類のような価格変動があったりします。

建設業における見積もりの特殊性

建設産業においても、ハウスメーカーであれば、ある程度の『相場』があります。

それは、軽量鉄骨住宅やツーバイフォー住宅のように、建物本体工事のうち、工場制作の比率を高めて、現場作業は、工場で作成した部品を組み立てるだけ、としている場合です。平面的なプランは限定されますが、工場制作が多くを占めるために、工期の遅れの原因となる「天候」に影響されずに、現場作業は最小限とすることができるため、納期内に完成させることができます。

このような建物であれば、建設費や人件費には大きな変動はなく、あとはオプションの有無により価格が変動する、程度のものになります。

一方で、建設物が一般的なものでなく、それも大型になると、その造り方はハウスメーカーのようにはいきません。

例えば、「東京スカイツリー」。これは、世界に一つしか存在しないものです。他に「東京タワー」など、同じ目的を持った「電波塔」は各所にありますが、いずれの建物もその大きさ・仕様・形はひとつひとつ異なります。

また、「あべのハルカス」という日本一高いビルがあります。第二位は、「横浜ランドマークタワー」です。

これらの建物の目的は、複合オフィスビルです。どちらのビルも、下層階はショッピングエリアとレストランゾーンであり、中層階にオフィスを配置して、高層階にはホテルがあります。そして最上階付近には展望台があります。

建物目的は同じで、階構成も同じですが、このふたつの建築物はまったく違うものに見えます。あたりまえですが、ビルの見た目は違いますし、中の様子も違います。ロビーに敷かれているカーペットの質も色も形も違いますし、照明だって違います。エレベーターホールの豪華さも、吹抜け空間の作り方、各階のフロアの印象も大きく異なります。

建設業はオーダーメイドスーツ?

つまり、「同じ目的」の建物であっても、それを構成するために必要な材料は、大幅に異なっているのです。住宅や一部の共同住宅などは一定の画一化された規格のもとで、使用される材料も少量で、仕様も大きくは異ならないために、一定程度の生産調整は可能です。

一方で、公共性を併せ持った建築物は、シンボル性も有するため大抵はひとつひとつの形態は唯一無二のものとなるのが通常なのです。身体の採寸からはじめるオーダーメイドのスーツのようなものです。基本的な生地の金額は想定できますが、その縫製過程や裏地の種類やボタンなどによって、その金額は大きく異なります。

建設の見積もりはオーダーメイドスーツ、そう考えると、少しはわかり易くなるかも知れません。

それでは、第二回に続きます。

建設業の見積もりの算出方法とその出し方 第二回

取扱のある具体的案件について(建設見積もり)

■関東エリアで見つける積算業務

【東京駅】大手ゼネコン本社勤務・積算業務 

■東海エリアで見つける積算業務

【名古屋中心部】積算及び見積り業務【建築工事】 

■関西エリアで見つける積算業務

【大阪市淀川区】建築電気設備の施工監理・設計・積算業務 

■九州エリアで見つける積算業務

【佐賀県鳥栖市】公共土木施設・整備事業等のサポート業務(積算など)

情報をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Hatena
  • Pocket

一覧に戻る